PILOT専門進学塾

パイロットになるには

光る石よりも、磨けば光る石

792 views
約 2 分
当ブログに掲載されている画像はイメージであり、ブログの内容と写真内容・被写体航空会社とは一切関連がありません。また、当ブログを運営している日本エアマンシップ・操縦士養成機構(JAMBO)、PILOT専門進学塾(PJ)、シアトルフライトアカデミー(SFA)と、被写体航空会社間には何らの業務提携関係がありません。(上の写真撮影者:富村英朗)

パイロットを志す皆さん、こんにちは。

理事長・パイロット養成コンサルタントの富村です。

最近、各社人事ご担当の方から、優秀なパイロットをいかに確保するか、ご相談をいただく機会が増えてきました。

どの航空会社も、思うような乗員確保が満足に出来ていない様子で、求職と求人の乖離がさらに進んだ印象があります。

「どうやったら、そんなに高確率で優秀なパイロットを排出し、高倍率の自社養成にも内定者を出していけるのか?」

そう質問される度に私は、この様に答えています。

「最初から光る石を探すより、磨けば光る石を探して、丁寧に磨いてあげたほうが、最終的にコストがかかりませんよ!」

最初から光り輝く石は、確かに宝石も混ざっているとは思いますが、中には光り輝くように見える石も混在しています。高学歴やルックスといった類の豪華な宝石箱の中に飾られてしまったら、その様な石は、さらに光り輝いて見えることでしょうね。

メッキは面接試験などで簡単に剥がれるものも多いですが、入社後しばらく経たないと剥がれないメッキもあります。そこが担当者泣かせなのでしょう。

自社養成ともなると、優秀な受験生が大勢参加し、早期段階で篩(フルイ)にかけることで、受験生を減らして行きます。そのフルイの掛け方が、もしかしたらですが、光る石に目が行きすぎて、磨けば光る原石を流してしまうことになっているかも知れませんね。

ところで、磨けば光る人材になるには、どの様に自分を鍛えたら良いのか分かりますか?

About The Author

社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構理事長富村
職業
・運航乗員養成コンサルタント
・会社経営者(3社の代表を務める)
・その他諸々

2008年以降、述べ200名超のパイロットを養成してきた。教え子の多くが、JAL・ANA・SKYなどエアラインにて機長・副操縦士として活躍しており、機内や空港内にて声をかけてもらうことが生き甲斐なのだとか・・・

東京都出身の長野県民。出張族のため同じ場所に長時間いる事はない。見かけたらラッキー。

いきなりステーキをこよなく愛する男。My善光寺七味を持って、全国のいきなりステーキを食べ歩いている。総合ランキング300に載っているとかいないとか、真相は定かではない。

趣味は仕事。
寝ている以外は仕事をしている。自宅で仕事をして娘に叱られる可哀想なパパの一面もあるらしい。

特技は二宮金次郎の真似。(最近ではゼッタイにしちゃいけないやつ)
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
UA-91629185-1