PILOT専門進学塾

パイロットになるには

PILOT専門進学塾とは?

目標はエアラインパイロット?

PILOT専門進学塾(PJ)に通塾しているからと言って、必ずパイロットを目指さなければいけないわけではありません。

パイロットは目指すということは、実はとても素晴らしいことなのです。

なぜならば、パイロットに大切なのはバランス感覚と言われており、パイロットになるための教育こそが、実はエリート教育でもあるからです。

真のエリートは、理系にも文系にも合わせることができ、文武両道で、性格も一方に偏ることなく、集団の中でも中庸を保つことが自然と出来ます。人に好かれやすいこともあり、人徳がある。

そんなタイプが真のエリートであり、実はパイロットになるための教育そのものなのです。

残念ながら、この世にいるパイロット全てが、バランス感覚に優れているわけではありません。しかし、航空会社も長年のパイロット養成経験から、パイロットの採用時に「バランス感覚の優れた人間」かどうかを、より厳しく判断するようになったのです。

頭でっかちではエリートもパイロットも務まりません。パイロットを目指すなら、パイロットの仕事をよく知り、研究していなければなりませんし、パイロットに必要な資質を、勉強以外の様々な経験から習得していなければなりません。PJにて、これらバランス感覚を鍛え、幅広い視野を身につけていただきながら、将来どのような仕事に就くのかを考える、そういったエリート教育の塾としてご活用いただければ幸いです。

ふつうの進学塾+生きる力を育む

特徴は、これからの時代に求められる「生きる力を育む」プログラムが充実している点です。

日本の大学生や新卒社会人には、諸外国と比較して、論理的思考力や問題解決力が低いという話は有名で、文部科学省でも教育改革に乗り出しているのですが、こういった力は、実は学校の勉強で身につくものではなく、中学生や高校生の頃の遊びだったり、好きなことへの探求などで身につく力です。つまりセンスであって、知識ではない。

学歴信仰があまりにも強い日本では、まだ子供達が小さな頃から、いい仕事に就くために受験勉強をさせる傾向があります。就職につながるエスカレーターに乗るために必死なのです。

決して受験勉強が悪いと言うつもりはありません。良い部分もたくさんあります。ただし、デメリットを挙げるならば、受験勉強では効率を求めるあまり、勉強する内容が偏り、終いには実力として身につかずに受験を終えてしまうのです。

有名な話が日本の英語教育。

日本では小学校から、相当な時間数を割いて英語を教えていますが、高校や大学卒業時に、仕事で英語を使いこなせる程のレベルになっている人は、本当に少ないですね。これは、英語を教科、つまり勉強の一つにしているため起きたことです。受験勉強のための英語の勉強。それでは、SpeakingやWritingが得意になるわけがありません。日本人の英語レベルは先進国の中で最下位とも言われています。

かつてのパソコンもそうですね。確かに時代はスマホやタブレットの時代ですから、パソコンが廃れるのもわかります。しかし、スマホだけで書類を作るには時間がかかりすぎて無理があります。だからこそパソコンは必要なのですが、最近の大学生はパソコンを使いたがりません。なぜでしょう?それではパソコンが勉強だったからです。

パソコンが物珍しかった頃は、パソコンは憧れであり、高級なおもちゃでした。趣味でパソコンを触っていた時代があります。趣味だから、楽しく勉強したし、使いこなせるようになりました。

パソコンを使えるセンスも、英語を使いこなせるセンスも、どちらも教科書からは学べません。趣味など、楽しさの延長に実践教育があったから、力を伸ばすことが出来たのです。

企業はもう気づいています。必ずしも、学歴や偏差値の高い人間が、仕事のセンスがあるとは限らないことを。

だからこそ、これからの子供たちには、受験勉強よりも先に、生きること、遊ぶこと、工夫することの楽しさを、趣味など興味の有ることを通じて、学んで欲しいと思うのです。

偏差値の高いごく一部の私立中学で行われているエリート教育を、PJで実践していきます。

ホンモノを見抜く眼を育み、五感を活かしましょう。それが「生きる力を育むこと」につながります。大学生になってからでは正直、手遅れです。

PJはSFAの進学塾・予備校部門です

シアトルフライトアカデミー(SFA)は、2008年12月にスタートした、約10年の歴史があるパイロット養成所です。2018年7月までに、187名の合格者を排出しており、うち68名が航空会社のパイロットです。残りの119名は、航空会社のパイロット訓練生だったり、パイロット養成大学の訓練生です。また、SFA出身者から、女性機長も誕生しているほか、海上保安庁にも卒業生パイロットがいます。

シアトルフライトアカデミーは、中学生〜社会人までが在籍する養成所で、塾や予備校の役割もあれば、シミュレーターや実機を使って訓練を行うこともあります。

したがって、SFAは塾なのかフライトスクールなのか、よく分からない、といった声がありましたため、2017年3月17日、予備校(塾)部門を「PILOT専門学習塾」という名称に改めて、通常の塾と同様に通学いただければと思っています。

通常の塾と同様に、大学生アルバイトではない、ベテランの予備校講師が常勤で在籍し、一年を通して英語など学科指導(受験指導)を行っています。

また、理事長の富村を筆頭に、シアトルフライトアカデミーのパイロット養成アドバイザたちが、PJの専門指導(生きる力を育む)に従事しています。

まだ進路の定まらない中学生はもちろん、パイロットを本格的に目指す高校生、そして、航空大学校や自社養成を狙う大学生にも門戸を開放しています。

授業構成

PILOT専門進学塾では、学科指導と専門指導の両方を同時に進めることで、相乗効果を高めます。生徒(学生)一人ひとりの実力と個性に合わせて、オンリーワンのシラバスを作成。無駄な指導は一切ありません。

学科指導ー航空人個別指導
  • 通常教科の補習・先取り・受験指導を行います。
  • 専任講師は、講師歴約20年のベテラン!
  • 中学生〜大学受験までの、英語、数学、国語、理科、社会に対応。
  • ご希望の内容と時間数にて承ります。
  • 年中、いつでも入塾・受講開始可能です。(募集人員内に限る)
専門指導(中学生・高1):WING倶楽部737

WING倶楽部737は、大空に興味のある中学生〜高校1年生(ジュニアパイロット生)に対して、空を飛ぶことの楽しさ、パイロットの仕事の責任、ふだんの生活や学校の勉強がいかに大切か、を操縦体験学習を通じて感じていただくための、次世代型PBL(Project Based Learning)学習法です。

倶楽部会員様は、必ずパイロットを目指す必要はありません。倶楽部での活動を通して、将来どの様な仕事をしていきたいか、どの様な職業が向いているかを、成長とともに考えていく場でもあります。

中学生や高校生の早い段階では、興味のある分野を深めることと同時に、幅広い世界にも視野を広げていかなければなりません。パイロットは、理系文系関係なく、幅広い知識が求められます。プロの訓練でも使用されるシミュレータを利用した倶楽部活動を通して、実際の職業を体験することで、その幅広い知識が必要とされていること、またそれが生きていく上でいかに大切なのかを、自発的に気づき、大学受験や職業選択に向けて、ポテンシャルをさらに加速していきます。

専門指導(高校2年生以降)

定期カウンセリングから、アクティビティまで多岐にわたります。生徒(学生)一人ひとりの実力と個性に合わせて、オンリーワンのシラバスを作成。パイロットになるために一番必要な能力と、飛ぶだけが仕事ではないパイロット(訓練生)に最低限必要なスキルを、専門指導にて身体化します。無駄な指導は一切ありません。

  • 突発的な相談や指導
  • 生活指導
  • 身体検査指導(相談・検査手配・治療手配) 面接指導
  • 作文(小論文)指導
  • グループワーク指導
  • プレゼンテーション指導
  • 個人研究指導
  • 進路相談
  • 三者面談
  • 各種見学手配(受験する大学や航空会社)
  • 専門科目指導(地理・地学・時事問題・パイロット知識)
PILOT専門進学塾ごあんない(メニュー)
PILOT専門進学塾とは入塾案内合格情報教室案内お問い合わせ
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
UA-91629185-1