PILOT専門進学塾

パイロットになるには

航空身体検査の誤解1

9072 views
約 2 分

当ブログに掲載されている画像はイメージであり、ブログの内容と写真内容・被写体航空会社とは一切関連がありません。また、当ブログを運営している日本エアマンシップ・操縦士養成機構(JAMBO)、PILOT専門進学塾(PJ)、シアトルフライトアカデミー(SFA)と、被写体航空会社間には何らの業務提携関係がありません。(上の写真撮影者:富村英朗)

前のブログで書いた通り、第一種航空身体検査(審査会)の合格率は約90%である。しかし、世間一般では半分も合格しないと思われている。

そこには2つの誤解があり、1つめの誤解は…

継続的な身体検査

パイロットになった後も、パイロットであり続ける限り、この第一種航空身体検査基準をクリアしていないと、フライト業務に就くことが出来ない。そのため、エアラインパイロットは、他の職業に比べれば、怪我をしたり、病気になったりしないよう、身体管理には十分に気を配っているし、ほぼ年に一度(一部パイロットは半年に一度)行われる定期検診の直前ともなると、飲酒を控えたり、食生活に気をつけたりしている。

こういった事実が、「パイロットになることは容易ではない」、と誤解を生んでしまったのではないかと推察される。

万が一身体検査に通らなくなったら?

補足すると、エアラインパイロットになって以降、定年までの間に、万が一、怪我や病気などで身体検査が通らず、道半ばでパイロットを辞めることになったケースは、全体の約10%で、そうなった時でも、給与減額分を補償するための「ロス・オブ・ライセンス」という保険制度も存在する。ちなみに、上記10%には、身体検査以外の理由(性格や適性など)でパイロットを辞めた人は含めていない。

また、定期検診が通過できなかったからといって、すぐにパイロットを辞めさせられるわけではなく、完全に治癒したことが、指定医によって確認されれば、乗務復帰も可能だし、万が一、症状が治まっても基準を満たさない状態になってしまった場合、審査会制度によって、乗務に支障がないと判断されれば、復帰も可能だ。

<<航空身体検査の誤解を解く へ戻る

航空身体検査の誤解2 へ進む>>

About The Author

社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構理事長冨村
職業
・運航乗員養成コンサルタント
・会社経営者(3社の代表を務める)
・その他諸々

2008年以降、述べ200名超のパイロットを養成してきた。教え子の多くが、JAL・ANA・SKYなどエアラインにて機長・副操縦士として活躍しており、機内や空港内にて声をかけてもらうことが生き甲斐なのだとか・・・

東京都出身の長野県民。出張族のため同じ場所に長時間いる事はない。見かけたらラッキー。

いきなりステーキをこよなく愛する男。My善光寺七味を持って、全国のいきなりステーキを食べ歩いている。総合ランキング300に載っているとかいないとか、真相は定かではない。

趣味は仕事。
寝ている以外は仕事をしている。自宅で仕事をして娘に叱られる可哀想なパパの一面もあるらしい。

特技は二宮金次郎の真似。(最近ではゼッタイにしちゃいけないやつ)

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 0 )
  • Trackbacks ( 2 )

コメントはまだありません。

  1. […] <<航空身体検査の誤解1 へ戻る […]

  2. […] 航空身体検査の誤解1 へ進む>> […]

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
UA-91629185-1