PILOT専門進学塾

パイロットになるには

「パイロット流」情報の取捨選択

941 views
約 2 分
当ブログに掲載されている画像はイメージであり、ブログの内容と写真内容・被写体航空会社とは一切関連がありません。また、当ブログを運営している日本エアマンシップ・操縦士養成機構(JAMBO)、PILOT専門進学塾(PJ)、シアトルフライトアカデミー(SFA)と、被写体航空会社間には何らの業務提携関係がありません。(上の写真撮影者:富村英朗)

正しい情報を素早く制する者が勝者

情報を得る方法こそ今と昔は違いますが、正しい情報を素早く制した者勝者になるのは、今も昔も変わりません。

昔は、パイロットになるための情報を、受験する大学や会社まで聞きに行ったり、場合によってはせっかく聞きに行っても、教えてもらえなかったりと、それは大変な思いをして、また多くのお金もかけて情報を仕入れていました。

情報化社会のいま

情報化社会の昨今。情報は大量氾濫していて、インターネットを使えば、いくらでもタダで情報が入るように見えます。

しかし、その大半が、井戸端会議と同レベルの噂話や憶測、デマに基づいたもので、それらの中から正しい情報を選択していくには、余程の知識や経験がないと太刀打ちできません。

しかも氾濫した多数の情報を読みこなし、正しいかを検証し、整理していく途方もない時間こそがプライスレスです。さらに言えば、間違った情報を元に、間違った進路選択をすると、数年をあっという間に余計に過ごすこととなってしまい、そして、その費用はバカになりません。

以上のことから、情報が氾濫する現代において、時間を無駄にせず正しい情報を得る(取捨選択する)には、その分野のプロを頼らないと不可能だと断言できます。

各方面の専門家が集うPJSFA

PJSFAは各分野のプロフェッショナルで構成されている最強チームす。

エアラインパイロット、パイロット訓練生、指定航空身体検査医、整備士、エアライン経営陣、人材養成専門家、法律家で構成されているからこそ、PJSFAでは常に、正しい情報のみが手に入るようになっております。

あなたも、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーにお越しください!

SFAが誇る最強専門家チーム

About The Author

社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構理事長富村
職業
・運航乗員養成コンサルタント
・会社経営者(3社の代表を務める)
・その他諸々

2008年以降、述べ200名超のパイロットを養成してきた。教え子の多くが、JAL・ANA・SKYなどエアラインにて機長・副操縦士として活躍しており、機内や空港内にて声をかけてもらうことが生き甲斐なのだとか・・・

東京都出身の長野県民。出張族のため同じ場所に長時間いる事はない。見かけたらラッキー。

いきなりステーキをこよなく愛する男。My善光寺七味を持って、全国のいきなりステーキを食べ歩いている。総合ランキング300に載っているとかいないとか、真相は定かではない。

趣味は仕事。
寝ている以外は仕事をしている。自宅で仕事をして娘に叱られる可哀想なパパの一面もあるらしい。

特技は二宮金次郎の真似。(最近ではゼッタイにしちゃいけないやつ)
Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
UA-91629185-1