PILOT専門進学塾

パイロットになるには

夏合宿と会社見学会を実施

1426 views
約 3 分

毎年恒例の夏合宿と会社訪問

PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーでは、2017年8月21日〜23日に、夏合宿&フジドリームエアラインズ会社訪問を実施しました!

今年の会社訪問はフジドリームエアラインズ!

PJ・SFAの夏合宿・会社訪問は、学生リーダーによる企画立案手配からはじまります!今年は、身近な大手航空会社だけではなく、幅広い見識を身に付けるため、大手航空会社に属さず急成長を続けている地域航空会社の、フジドリームエアラインズさんを訪問することになりました。

学生リーダーが自ら依頼

どの会社も即戦力(仕事のマナーやセンス)を求めているにも関わらず、最近の高校生大学生はメールの書き方すら知りません。そこでリーダーが会社訪問先の会社に対して、企画書を整えてメールをすることから準備がはじまります。企画書もメールも何度も手直しをして、次第に社会人としてのマナーやセンスを身に付けていくのです。

(余談ですが。高校や大学では当たり前のようにメールの書き方を指導をしてくださっているのだと私は思っていたのですが、パイロット志望者であっても指導せず出来るのは1割もいませんね〜

現役のパイロットの方との座談会

今回はフジドリームエアラインズ(FDA)の皆様から、多大なお力添えを賜り、繁忙期にも関わらず社内見学とパイロットの方2名との座談会の機会をいただくことが出来ました。

現役パイロットの方には、予め準備をしておいたたくさんの質問をぶつけ、現場の生の声を聞くことが出来たようです。

FDAの皆様には、心から御礼申し上げます。

学生ならではの節約旅行

パイロットを目指す学生さん共通の悩み。それはお金がない!です。夏合宿の必要性はみな分かっていても、どこか同じ場所に籠もって合宿をすることは、脳も活性化されず高い宿泊費と移動代がかかるだけです。

そこでPJSFAの夏合宿は「節約旅行」が大きなテーマです。節約しながらも、最小限のお金で最大限の効果を生み出す!パイロット脳を活性化すること!・・・です。

京都、高松、岡山、天橋立を周遊

今回の夏合宿では、京都、高松、岡山、そして天橋立を周遊しました!節約旅行なのにとても豪華に感じられることと思います。でも本当に節約なんです。方法は内緒(笑)

旅の最後では、主席教官の久保静弘教官(元ANA査察機長)も合流!たくさんパイロットの話をすることが出来て、思い出に残る温泉旅行も出来ました!

最後には、みな大きく成長

貴重な会社訪問をさせていただき、普段できない体験をして、仲間同士でもたくさん意見交換をして・・・

こうした非日常の学びこそが、合宿の醍醐味なんです。特に特殊なセンスを求められるパイロットになるためには、こうした体験が、就活の時、仕事を始めた時、必ず有利に働きます。

参加者のひとりはFDAが第一志望になりました!

参加者のひとりはパイロットが使っている天気図を読んで、天気予報が出来るようになりました!

参加者のひとりはパイロットになる目標がより明確になりました!

参加者のひとりは理想のパイロット像がスラスラと書けるようになりました!

参加者のひとりはパイロットのセンスを理解することが出来ました!

みな素晴らしい大成長です!

About The Author

社団法人日本エアマンシップ・操縦士養成機構理事長富村
職業
・運航乗員養成コンサルタント
・会社経営者(3社の代表を務める)
・その他諸々

2008年以降、述べ200名超のパイロットを養成してきた。教え子の多くが、JAL・ANA・SKYなどエアラインにて機長・副操縦士として活躍しており、機内や空港内にて声をかけてもらうことが生き甲斐なのだとか・・・

東京都出身の長野県民。出張族のため同じ場所に長時間いる事はない。見かけたらラッキー。

いきなりステーキをこよなく愛する男。My善光寺七味を持って、全国のいきなりステーキを食べ歩いている。総合ランキング300に載っているとかいないとか、真相は定かではない。

趣味は仕事。
寝ている以外は仕事をしている。自宅で仕事をして娘に叱られる可哀想なパパの一面もあるらしい。

特技は二宮金次郎の真似。(最近ではゼッタイにしちゃいけないやつ)

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)

Share / Subscribe
Facebook Likes
Tweets
Hatena Bookmarks
Pinterest
Pocket
Evernote
Feedly
Send to LINE
UA-91629185-1