NEWS

737-MAX8 シミュレーター導入

B737-MAX8 シミュレーターを設置

201810月、PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミー東京高円寺校に、B737-MAX8シミュレーター(FTD)を設置いたしました。

有資格者向け訓練はもちろんのこと、パイロット志望者向け(おもに高校生・大学生)の専門指導(導入教育)や、テレビ番組収録に利用されます。

また、737MAX導入にあたり、WING倶楽部737」を立ち上げ、中学1年生~高校1年生までを対象に、パイロットという仕事や、航空業界に幅広く興味を持って頂くプログラムを開始いたします。

社会問題ともなっているパイロット不足解決のため、正しい情報提供(導入教育)とパイロット掘り起こしが急務とされており、航空会社や大学から期待を集めております。

新しく導入されたB737-MAX8シミュレーター(FTD)は、BOEING社とも連携しシミュレーターを製造している、Flightdeck Solutions社(カナダ・トロント)から導入したもので、日本にある複数の訓練機関(大学など)のシミュレーターを扱っている、株式会社インタークラフトが、組み立てと整備を行います。

有資格者(JET FAM)訓練、就活対策から、中高生への導入教育に至るまで、幅広くご活用いただけましたら幸いです。

みなさまのご利用をお待ち致しております。

737-MAX8 シミュレーターの動画

まだ準備段階ですが、シミュレーターの動画をご覧ください!

737-MAX8 搬入の記録

PJ SFAにこの度導入されたB737-MAX8 FTDは、はるばるカナダ(トロント近郊)から旅客便に空輸され、日本にやってきました。

ちょうど2018年9月4日、関西地方を直撃した台風21号の影響を受け、被災してしまいクローズとなった関西空港にいく予定だったエアカナダに載せられず、バンクーバー、羽田(税関はセントレア)を経由して、東京まで運ばれたそうです。

その他のNEWS

Return Top