パイロット養成基本情報

100%パイロットになる方法

100%パイロットになる方法

当ブログに掲載されている画像はイメージであり、ブログの内容と写真内容・被写体航空会社とは一切関連がありません。また、当ブログを運営している日本エアマンシップ・操縦士養成機構(JAMBO)、PILOT専門進学塾(PJ)、シアトルフライトアカデミー(SFA)と、被写体航空会社間には何らの業務提携関係がありません。(上の写真撮影者:富村英朗)

GWも満員御礼

GWとは何ぞや?

GW中も絶賛営業中のSFAです。

連日、パイロット志望者の方の入会、お問い合わせなどなど相次いでいますが、今日は某私立大学パイロット養成コースを目指されている女子高校生が相談に来てくれました。

字がとても綺麗で素直そうな良い子!

パイロットらしさは、これからといった感じ。まだまだ伸び代がありそうで楽しみです。

今日も改めて思いましたが、ギリギリに来て後悔する子が多いです。最近こそ中学生や高校1年生の入会や相談が増えてきてはいますが、それも全体からしたら僅か。後悔するくらいなら、どうしてもっと早く来ないのだろう?と不思議に思う。

少しでも早く、具体的に動き出せるかどうかも、またパイロットに必要な資質なのだろう。

私大パイロット養成コースでも、自社養成でも、試験官が一番見ているのは、受験生の人間性(性格)だ。そして、その人間性のベースは、ほとんどの子は中高生の段階で仕上がってしまう。完成してしまったベースが、その段階でパイロットとして不適格であったとしても、それを修正するのは極めて困難だ。

だからこそ、中学生〜高1くらいの時期には、具体的に動き出さないといけないのだ。

100%パイロットになる方法

PILOT専門進学塾・シアトルフライトアカデミーは、今までもこれからも、限りなく100%に近い合格・採用率を目指しているため、このように「中学生や高校生の早い段階から準備を始めて欲しい!」思っているのだ。

パイロットで活躍している先輩などに聞いたら、多分そんなに早く動いている人はいないはずだ。だからってノンビリしていたら100%の確率で受かるわけがない。

きっとその先輩は「ラッキーで合格した」か、「元々の人間性が素晴らしかった(パイロットの適性があった)」のどちらかだ。まさに100人に1人の存在だ。

ちなみに、その成功者の裏側には、何十倍〜数百倍もの失敗がある。

失敗した方の話を聞くチャンスがあるとするなら、「もっと早く準備をすればよかった」か「パイロットなんて無謀」と言われるのではないか?

さあ、何を信じるかはアナタ次第!

一度っきりの人生で、お金や時間を無駄にすることがないように、そして、一番成りたいと思うパイロットを勝ち取るために・・・

限りなく100%に近い環境で、パイロットを目指しませんか?

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top