パイロットになる5つの方法

パイロットになる5つの方法

パイロットになる5つの方法

パイロットになる方法が多いからややこしい

航空会社のパイロット、すなわちエアラインパイロットになる方法は、大きく分けて5つもある。

「医師を目指すなら医学部」だととても分かりやすい。まず目指すは医学部しかないからだ。一方でパイロットはややこしい。(だからパイロット志望者が少ない!)

  1. 自社養成パイロット採用試験
  2. 航空大学校に進学
  3. 私立大学パイロット養成コースに進学
  4. 国内フライトスクールや航空留学
  5. 防衛省・海上保安庁パイロットからの転職

自分にあった方法を知らない志望者は多い

「パイロットになりたい」とは言っても、これだけ方法がある中で、自分に適した方法が何なのかを、理解している志望者はとても少ないのが現状だ。

エアラインパイロットになるには、自社養成パイロットに進む以外は、医学部に匹敵するくらいの学費・訓練費がかかる。お金が足りなくなってからでは、宝くじにでも当たらない限り、エアラインパイロット人生を諦めざるをえない。

そのため、大学進学前の進路選択の段階までには、正しい情報が必要不可欠だし、慎重に進路選択をする必要がある。

私の仕事の中に、各家庭の財政状況を圧迫しないでパイロットを目指していただくためのコンサルティング業務がある。これが有効なのは、高校生までだ。

パイロットになる5つの方法を徹底解説!

それでは以下リンクから、「パイロットになる5つの方法」をご覧いただこう。10年間の経験に基づいた、難易度・費用・人気を、5段階評価で表しているので、そちらも参考にしていただきたい。

  1. 自社養成パイロット採用試験
  2. 航空大学校に進学
  3. 私立大学パイロット養成コースに進学
  4. 国内フライトスクールや航空留学
  5. 防衛省・海上保安庁パイロットからの転職

また最後に、5つの方法を徹底比較している。こちらもご覧いただきたい。

1,自社養成へ進む>>

 

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top