パイロットになる5つの方法

パイロットになる方法その3,私立大学パイロット養成コースに進学

パイロットになる方法その3,私立大学パイロット養成コースに進学

3,私立大学パイロット養成コースに進学

  (難易度★★ 費用★★★ 人気★★★)

パイロットになる方法3つ目は、私大パイロット養成コースに進学する方法だ。

パイロット不足が問題視されるようになった2000年代初頭、ANAが従来の自社養成と航空大学校という採用ソースに加えて、私立大学でのパイロット養成を計画し、東海大学が名乗りを上げたのが、私大パイロットコースの始まりである。

2006年に東海大学が工学部航空宇宙学科に航空操縦学専攻を開設。2008年には、桜美林大学がビジネスマネジメント学群アビエーションマネジメント学類にフライト・オペレーションコースを開設。同じく2008年、法政大学は、理工学部機械工学科に航空操縦学専修を開設。同じく2008年、崇城大学は、工学部宇宙航空システム工学科に航空操縦学専攻を開設した。

各大学とも、若干のばらつきはあるものの、順調にパイロットを排出してきている。各大学ともに、ANA、JALはもちろん、ANAウィングス、日本エアコミューター、トランスオーシャンなど大手の子会社航空会社や、スカイマーク、エアドゥ、ソラシド、IBEX、フジドリームなど新興航空会社、さらに、ピーチ、ジェットスター、バニラなどLCCへも就職させてきており、パイロット採用ソースとして無くてはならない存在と認識されるようになってきた。

重要なのは大学選び

各大学ともに特色があり、それぞれにメリット・デメリットがはっきりとしてきた。

シアトルフライトアカデミーでは、就職が決まらない各大学の訓練生達の受け入れ・指導を行い、それぞれの教官方と連携を取ってきた。また主要航空会社の採用担当者からも、各大学からの訓練生に対する評価を聞いてきた。

その内容をここで書くわけにはいかないが、就職実績が良い大学は、航空会社の評価が高いとは限らない、ということだけお伝えしたい。大学選びはどうか慎重になさっていただきたい。

学費+必要経費+生活費で2200万円

各校に国内訓練・海外訓練や、自前の訓練施設利用・訓練を他社に委託、など特色があり、学費も1500万円~2600万円とばらつきがあるように見えるが、学費の中に必要経費が含まれておらず、後で請求されるといった事例が一部大学に起きたため、事前の説明会では十分に気をつけていただきたい。特に海外訓練や、訓練先が委託である場合、思わぬ追加費用がかかったり、エリミネート率(訓練中止)も増加するので注意が必要だ。生活費については学費に含まれていないが、国内訓練の方が安くなることが多い。従って、学費+含まれていない必要経費+生活費を合わせると、東海大学・桜美林大学・崇城大学の3校は約2200万円となり、ほぼ横並びだ。法政大学のみ約3200万円と高額である。

人気が集まる 手厚い奨学金制度

学費がこれだけ高いのが受験生やそのご家庭にとって大きなハードルとなるのだが、各大学とも手厚い奨学金制度を用意しているのと、JALは、各大学訓練生の希望者(最大30名)を対象に、パイロット奨学給付金制度「日本の翼育英奨学金」を、一人当たり500万円支給している。これらは返済の必要の無い奨学金でもあり、受験生にとって朗報である。

また返済型奨学金でも、現在準備段階なのが、国土交通省航空局(JCABという)が主導して検討を重ねている奨学金制度は、1000万円の貸付(金利負担ゼロで返済は8年後から開始)という、パイロット人生に過度な負担をかけない工夫がされる見込みだ。

こうした奨学金を組み合わせれば、ご家庭への負担もだいぶ軽減され、私大パイロット養成コースの敷居もだいぶ低くなったと言えるであろう。

<<2,航空大学校に戻る

4,フライトスクールや航空留学へ進む>>

URL
TBURL

LEAVE A REPLY

*
*
* (公開されません)

COMMENT ON FACEBOOK

Return Top